カバンサイト(ホワイトタイプ)【1753T2】1点

◆カバンサイトについて・・・カバンサイトは、1973年に初めてアメリカ・オレゴン州で初めて発見されました。翌年インドで更に大きな結晶のものが発見されたのですが、その後ぱったりと産出されなくなり、長い間カバンサイトは「幻の鉱物」とされてきました。
針のような結晶が放射状に伸びることによって、形を形成しています。その為研磨が難しい石で、研磨品は珍しいです。

シアン・ブルーを特徴としますが、この発色はバナジウムによるものです。
産地・・・インド プーナ

今回二通りの白いタイプと茶色いタイプを買付けして参りました。

母岩がスコレサイトになっている見た目にも可愛いカバンサイトと茶色の母岩とスコレサイトなどの結晶が共生していて楽しませてくれるようなカバンサイトのタンブルです。
原石はよく見たことはありますが、タンブルは大変珍しいです。

希望小売価格3,750円

3,000円

37mm*32mm*25mm 38g
コメント・・・ルースのような平らなカ所がございますので安定しています。ホワイトにベージュの模様が入っています。鮮やかなブルーが2カ所ございます。